相続放棄のための法律相談

家族や親族が亡くなれば、その人と血縁的に親しい関係にある人が相続人としてその遺産を受け継ぐことになります。



しかし、遺産を受け継ぐといえば大きく利益を得られるように感じられるものの、実際はそうとばかりは言い切れません。



遺産のなかにはマイナスの財産、例えば亡くなった人が生前に行った借金のようなものまでが含まれているためです。



こうしたマイナスの財産を受け継いでしまった場合、相続人には何の落ち度もないのにもかかわらず、返済の催促が山のように来てしまうということにもなりかねません。



わが国の民法では、こうした状況に陥らないようにするために、相続放棄や限定相続などといった制度があります。
こうしたことが法的に認められるためには、一定の期間内に裁判所に対して申述をしなければならず、もちろん個人であっても可能ですが、あらかじめ法律相談で弁護士の意見を聞いて、メリットとデメリットをはっきりさせた上で行うのがよいでしょう。
弁護士は法律の専門家であり、家庭関係の相談も多く引き受けていますので、個別具体的なケースでどのようにふるまえばよいのかという示唆を与えてくれます。



場合によっては法律相談をした弁護士にそのまま依頼をして、相続放棄の手続きをしたり、あるいは借金の相手方への過払い金の返還請求などの、別の方法をとることもできます。



いずれにしても、相続の問題の法的な解決策というのはひとつではなく、さまざまな方法が考えられますので、専門家の意見を聞くというのは大切なことです。

関連リンク

相続放棄のための法律相談

家族や親族が亡くなれば、その人と血縁的に親しい関係にある人が相続人としてその遺産を受け継ぐことになります。しかし、遺産を受け継ぐといえば大きく利益を得られるように感じられるものの、実際はそうとばかりは言い切れません。...

more

借金がある場合の法律相談とは

消費者金融や信販会社から多額の借金をしてしまい、生活が困難になってしまったという場合には、自己破産をはじめとする法律上の救済制度がありますが、現在の収入・資産の状況や契約内容などに応じて、どのような制度を活用するのがもっとも効果的であるのかは異なってきます。定期的な収入もなく、まったく返済が不能になってしまったのであれば、自己破産の制度を活用して、現在持っている財産はいったん処分して債権者に分配したのち、債務の支払いを免除してもらうというのが適切です。...

more